水サーバーが安いのは震災の影響も

安い水サーバーが一般的になったのは、2011年の3月11日に起こった東日本大震災の影響が強いと言われています。東日本大震災以前の日本も確かに頻繁に地震が起こっており、1995年に起こった阪神淡路大震災であったり、2000年に起こった鳥取県西部地震、2007年に起こった新潟県中越沖地震は原発も被災し、甚大な被害となりました。また最近では、2016年の熊本地震が記憶に新しいことでしょう。

しかし、2011年に起こった東日本大震災は、死者16,000人以上、行方不明者2,500人以上とこれまでの震災と比べてかなり規模が大きい災害になっていました。しかも、福島第一原子力発電所事故によって、放射能による二次被害なども出てしまったため、日本の安全神話は崩壊してしまったという専門家もいました。

震災の時に水道が止まってしまって、水を飲む事が出来なくなってしまった場合に安い水サーバーがあればライフラインが復旧するまでの時間も安心して摂取する事が出来ますし、放射能に汚染された事が心配な水道水を子供に与えるのが怖いと思っている方にとっても、安心で安全な安いお水を安定して与え続ける事ができる水サーバーはとてもありがたい存在なのです。そのため、安い水サーバーを提供する会社が増えて来ており、より多くの方が安い水サーバーを利用する事が出来るようになっているのです。